PayPalによる決済とは

代表的な決済方法としては、クレジットカード、銀行振り込み、コンビニ支払いなどがありますが、近年では「PayPal(ペイパル)」による決済も選択肢に選べるサービスも増えてきました。

しかしまだまだ認知度の低い決済方法ですし、ショップ運営を考える方であっても、あまり聞きなれない方もいると思います。そこで、ここではこの決済方法の特徴について解説します。

そもそもPayPalとは

アメリカを中心に全世界で億単位の人間が利用している新しい決済サービスです。

PayPalを使ってお金を支払う方法は二通りあります。まず銀行のようにPayPalに口座をつくって入金しておき、必要に応じてそこから料金を支払う方法です。
またもうひとつの方法は、自分が所持しているクレジットカードを登録しておき、ショッピングの際にはそのカードから引き落としてもらう方法です。とくによく利用されているのが、この後者のカード登録して使う方法です。

しかし「結局クレジットカードを使うならば、わざわざPayPalを通さなくても良いのでは?」と考える方もいるかもしれません。しかし実はこの仲介には大きなメリットがあります。

最大の特長は、「購入者側がショップにクレジットカードの情報を渡さなくて良い」という点です。

PayPalで商品(またはサービス)を購入する際、購入者(ユーザー)がショップに伝える必要があるのは、PayPalに登録しているメールアドレスだけです。そのためショップ運営者に、顧客のカード情報が伝わることはありません。メールアドレスとクレジットカード(または口座)の紐付けは、PayPal側で自動処理され、最終的に購入代金が引き落とされる仕組みになっています。

安心して買い物ができる

前述のとおり、PayPalを利用するとカード情報をお店に渡す必要がないため、購入者側は安心して買い物をすることができます。ネットショッピングが普及したといっても「カード番号を知られるのは怖い」といった不安はまだまだ一般の方には多く残っていますが、PayPalならばこうした不安を払拭できます。

またカード決済に慣れている方であっても、買い物の際にいちいち財布からカードを出して番号を確認したり、決済途中でカード会社のウェブサイトにジャンプしてパスワードを入力したり、といった作業に面倒を覚える方も多いです。

PayPalであれば、メールアドレスとパスワードをそれぞれ一度入力すれば決済が完了するので、より手軽に購入ができます。買い物かごに商品を入れるところまでは行ったけれど、手続きが面倒で最終的に買わなかったといった、いわゆる「かご落ち」の防止にも繋がります。

手数料がかかることには注意

とても便利な決済方法ですが、気をつけなければいけないこともあります。それが決済手数料です。

通常クレジットカードでも3.5%~4%程度の決済手数料がかかりますが、PayPalではさらにこれに加えて数十円程度の手数料がかかることが多いです。(こまかい料率や金額は、決済代行会社の種類によっても若干異なります)

パーセントでの料率に加えて少額の固定手数料が発生するため、単価の小さい商品を扱っているショップや、仕入れ値と定価の差がごく小さいような商品を扱うショップにおいては、利用が難しくなります。

上記の点に注意しつつ、上手にショップ運営に取り入れてみてください。