アクセス解析機能は必要か

カラーミーショップやメイクショップなどのサービスでは、有料オプションにてアクセス解析機能が提供されています。

ただ、こうしたオプション機能を析を使わなくても、GoogleAnalyticsなどの無料サービスを導入することで、アクセス解析を行うことはできます。そのため、追加料金を払ってまでオプションを利用するべきか悩んでいる方も多いと思います。

そこで、ここではGoogleAnalyticsと有料アクセス解析の違いについて簡単に解説してみたいと思います。

設定が簡単

まず第一に、導入が簡単ということが言えます。
たとえばGoogleAnalyticsの場合、解析をはじめるには特定のコードをコピーして、HTML内に貼り付ける必要があります。ホームページ運営経験のある人にとっては簡単な操作ですが、パソコン初心者であれば難しく感じる方もいると思います。

これに対して、ショップ運営サービスが直接提供している解析機能は、オプション申し込みをすれば、すぐにそのまま機能が有効になるものがほとんどです。とにかく手軽に導入できます。

商品や売上情報と連携できる

それから大きな特長として、ショップ内の商品や売上情報と、解析情報を連携できるということがあります。

たとえばアクセス数にしても、たんにショップ全体への総合アクセス数を見れるだけでなく、個々の商品それぞれに対して何件アクセスがあったかを簡単に調べられます。
またサービスによっては、商品ページへのアクセスのうち何%の人が購買にいたったのかといった購買率を調べたりといったことも可能です。

こうした機能はGoogleAnalyticsであっても不可能ではないのですが、かなりこまかくHTMLタグなどをカスタマイズする必要があります。手間もかかる上に、ウェブサイトの編集に慣れた人でないと難しい部分があります。

まとめ

以上のように便利なアクセス解析機能ですが、当サイトとしては、最初はGoogleAnalyticsなど無料サービスを利用することをおすすめします。

というのも、ショップも運営当初はアクセスが伸びにくいはずで、その段階で多機能な有料解析を利用しても、メリットは少ないためです。そのため最初は無料サービスで十分だと思います。

一方で、アクセスが大量に集まってきたり、商品の売上げが伸びてきた場合には、有料オプション機能を導入するのがおすすめです。追加料金が発生するといっても、月額500~1000円程度ですので、売上げが伸びてきたショップなら、さほど気にならない経費のはずです。

自分のショップの状態にあわせて、上手にアクセス解析機能を使い分けてください。