インストール型(ソフト型)とウェブサービス型(ASP型)の違い

ネットショップを作成・運営する方法は幾つもありますが、大別すると「インストール型」と「ウェブサービス型」に分けることができます。

前者は「ネットショップ・オーナー」や「ダヴィンチ・カート」といったいわゆるソフト(アプリ)をインストールして動かすタイプのものです。
これに対して後者は、当サイトでも主に紹介している「カラーミーショップ」や「MakeShop」といった他企業が提供しているウェブサービス上で運営するものです。ASP型とも呼ばれます。

現在は後者が主流になりつつありますが、なぜインストール型よりウェブサービス型が好まれるのかについて、二つの面から比較してみます。

費用面について

まず費用面についてです。よく言われるのが、ソフト(インストール型)は「買い切りタイプだから長い目でみればお得」ということです。

たとえば代表的なソフトであるネットショップ・オーナーの場合、およそ1万5000円程度でソフトを購入することができます。これを初期費用として考えた場合、やや高額ではありますが、その後は月額費用が発生することはありません。だから長期的には得である、と言われています。

しかし上記は嘘ではありませんが、一つ重要な点を見落としています。それは、その購入したソフトをインストールするためのサーバーの費用です。自宅・自社サーバーというのは技術的にハードルが高いですから、多くの場合はレンタルサーバーを利用することになります。

レンタルサーバーはたしかに月額100円程度の格安のところもありますが、ECサイトを安定して動かすことを考えると、どうしても月額1000円~2000円前後のサービスを選ぶことが多くなると思います。そうなると最初の導入に(ソフトの購入代とサーバー申し込み初期費用をあわせて)二万円近くかかり、さらに毎月サーバー代が1000円~2000円ほどかかってきます。

これに対してウェブサービス型の場合、カラーミーショップなど低価格なものを選べば初期費用約3000円&月額費用1000円以下で利用できます。あるいはMakeShopの中位プランであっても、初期費用約一万円&月額2000円代で利用が可能です。

無論、ソフト代金は買いきりですから、二年や三年という長いスパンで見るほどに前者の方がお得にはなってきます。ただ、レンタルサーバー費用なども含めた総額で考えると、そこまで大きな差はありません。

機能面について

機能の豊富さについては、ソフトやサービスごとに違いもあるため、一概にどちらが上というわけにはいきません。しかしながら、機能面では数や質とは別に重視しておかなければならない要素があります。それが「アップデート」、言い換えれば機能追加です。

これがインストール型の最大の弱点とも言えるところですが、ソフトというのは原則として「機能追加=新バージョンの販売」となってしまいます。

無論、こまかなパッチやアップデートが無料で行なわれることはあると思いますが、メインのソフト自体は各ユーザーが持っているものですから、その中身を丸ごとリニューアルしたり、大きな機能追加を行うというのは困難です。

もしソフトウェアの大幅な変更を行うとなると、前述したとおり新しいバージョンをリリースすることになります。しかもほとんどの場合、新バージョンは再び有料で購入しなければなりません。バージョンアップ優待などがある場合もありますが、まず間違いなく費用がかかります。

これに対してウェブサービスの場合、ショップ自体もその基盤となるシステムもすべて運営側が管理しているため、小さなものから大きなものまで柔軟に機能変更・追加が行えます。とくに有名どころのサービスは毎月いくつもの機能改善を行っています。そしてこれらはすべて無料で行れるため、月額以外に費用は発生しません。
※特別な機能の場合は有料オプション扱いになることはありますが、その場合でもその機能を使うかどうかはユーザーが選択できます。

またソフトの新バージョン発売には一年や二年かかることも多く、そのあいだはずっと以前の機能を使う必要があります。これに対してウェブサービスは、サーバー上のプログラムさえ書き換えればいつでも変更が可能です。

インターネットの世界は変化が激しく、それこそGoogleのようなIT企業は頻繁に変更を繰り返します。そしてネットショップはSEOやアクセス解析など、様々な面でこうしたITサービスに頼っています。そんな状態で、もしもGoogleの検索エンジンのシステムが変わったら。あるいはアクセス解析の設定方法が変わったら。こうした臨時の変更にもウェブサービス型であれば柔軟に対応してもらえます。

まとめ

ネットショップ運営サービスの低価格化が進んだ現在では費用面では両者に大きな差はありません。一方で機能面ではネットの変化への対応速度という点でウェブサービス型(ASP型)に軍配が上がり、総評としてもこちらが優位に立っています。

なおウェブサービスにも「運営企業が潰れてしまうかもしれない」というリスクが存在しますが、これらは大手サービスを選ぶことで可能性をごく小さくできます。また独自ドメインでショップを開設しておけば、それこそ万が一本当に潰れた場合でも、店舗のURLを変えずにそのまま他サービスに乗り換えできるので安心して利用できます。