売上手数料はかからないのか

ショップ運営サービスをこれから利用しようとする方にとって、一番気になるのが「売上手数料(ロイヤリティ)はかからないのか?」ということだと思います。
そこでこの記事では、売上手数料について詳しく解説したいと思います。

原則として売上手数料はかからない

まずほとんどのショップ運営サービスやショッピングカートにおいては、原則として手数料の支払いは求められません。100円の商品を売ろうと、1万円の商品を売ろうと、各種経費を除いた利益はそのままショップ運営者の元に入ります。

ただし「原則として」という注意書きをつけたのには理由があります。それはごく一部のサービスやプランでは、売上手数料の支払いが必要になるものがあるためです。

当サイトで紹介しているサービスとしては、ショップサーブの最下位プランであるビギナー、またワイズカートの初期費用・月額費用ともに無料のゼロプランでは、それぞれ3%のロイヤリティが必要になっています。

楽天市場などの大型ショッピングモールに店舗を出す場合でも、最大の困難は手数料をとられることで利益が減少してしまうことだと言われています。そのため本格的なショップ運営を考えるならば、できるかぎり上記プランを避け、手数料のかからない他のサービス・プランを利用することをおすすめします。

モール出品オプションでは売上手数料がかかる場合も

またそのほかの注意点として、モール出品オプションがあります。Yahoo!ショッピングや価格.comなどのモールサイトに商品を出品するオプションが用意されている場合は、このモール経由の販売には売上手数料がかかるのが一般的です。

これらモール出品機能の代表例としてはメイクショップのアイテムポスト、ショップサーブのショッピングフィードなどがあります。なお手数料の料率については、出品モールごとにも違ってきますので、各サービスの公式サイトで事前に確認することをおすすめします。

そのほか売上手数料とは違いますが、クレジットカードなど各種決済を利用する場合には決済手数料がかかります。売上げがそのまますべて還元されるわけではない、という点ではこのことにも注意しておいてください。